五日市剛「ツキを呼ぶ魔法の言葉」

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を
セミナーや講演会で全国に伝え続けている
魔法の言葉の伝道師である五日市剛さん。
 
 
五日市剛さんに出会ったのは6年以上も前の事でしょうか。
 
 
僕がネットビジネスに目覚める前の事です。
 
 
母と繋がりがあった五日市さんが
イラストを描ける人材を探していて
僕がたまたま絵が描けたのでその流れで
依頼して下さいました。
 
 
非常に物腰がやわらかい方で常にニコニコしておられ、
話しているだけで人に元気を与える。
 
そんなオーラを放つ人でした。
 
そういう出会いもあり
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」
とはどういうものかを読ませて頂きました。
(今では五日市さんの関連本も沢山出版されています)
 
 
常にニコニコしておられ、
人に不快感を与えるなど程遠い感じの
五日市さんですが、
 
 
大学生の頃は人を見下し、講師を見下し
初対面の人でも30分話せば、
その人の欠点を10項目は軽く挙げれる程
嫌な人間だったとの事
 
 
そのせいで五日市さんの周りにいる全ての人と
うまくいかなくなったそうです。
(今とはかけ離れています)
 
人間的に極度に追い詰められた五日市さんは
逃げます。
 
自分の事を誰も知らない異国に。
 
 
それがイスラエル。
 
 
そこでも数々の不運が五日市さんを襲います。
 
 
パスポートの期限切れに始まり、
 
暖かいはずのイスラエルの大寒波
 
荷物や資金を取られ
お金は4分の1になってしまう。
 
大寒波の中、軽装で寝床も確保できないでいる五日市さんは
 
「ここまでツイていない人間はいないだろう、
この地で死んでしまおうか」
 
と考えるくらい追い詰められてしまいました。
 
そこで出会ったのがイスラエルの
親切なおばあさんでした。
 
家に招待してくれ、温かいスープを振舞ってくれた
おばあさん
 
 
そのおばあさんこそ
五日市さんの人柄と人生とガラッと変えてしまう
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」
を伝授してくれたその人だったのです。
 
 
それを言い続ける事で
不幸の連鎖は断ち切れ
人間関係が改善されたのです。
 
 
その言葉とは
 
 
「ツイてる」
「ありがとう」
「感謝します」
 
 
簡単でしょう?
 
◆ツイていようがツイてなかろうが
「ツイてる」を毎日口に出して言い続ける。
 
◆不運が訪れた時こそ
「ありがとう」と言う。
 
◆幸福な出来事が訪れた時には
「感謝します」と言う。
 
 
僕もなるべく実践し続けようと思うのですが、
忘れちゃうんですよね(^_^;)
 
でも不運な事が起こった時には
必ずといっていいほどこの言葉を
思い出すんです。
 
そして「試練を与えてくれてありがとう」と言います。
 
「コレを乗り越える事ができたら自分はレベルアップ出来る」
 
そう思えるようになりました。
 
 
不運な事というのは起こった時には
これ以上ないという程
ピンチなんですが、
時間が経ってみると人生のごく一部の
思い出でしかなくなるんですよね。
 
 
あ、ちなみに僕が描かせて頂いたイラストは
こちらです↓

http://goo.gl/CCt64

 
表紙と中の絵、
ツイてるシールの絵も描きました(^^
 
最後のページに僕の名前も書いています。
 
本屋で売っていたら見てみてね。
 

◆━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃☆┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
今日は友人の誕生日会でホームパーティがあります。
 
僕の誕生日プレゼントは本が多く
 
僕が読みたいと思った本を先に読んで(笑)プレゼントします。
 
今日プレゼントする本は
辞書のように分厚い
「スティーブ・ジョブズの伝記1」
 

 
大好きな貴志祐介のこれまた辞書のように分厚い
「ダークゾーン」です。
 
ダークゾーンは今日の午前3時まで読んでいました(笑)
 
後味の良い内容の物語ではないので
プレゼントには向いていません(笑)
(内容は面白いです!)
 
プレゼントした時に
「重いわ!!」ヽ(`Д´)ノ
 
と言わせるのが目的です(笑)
 
以前の誕生会で
 
貴志祐介の
「クリムゾンの迷宮」
(めちゃ怖い歴代NO’1ホラー)
を女性にプレゼントして
「あんたはおかしい!」
 
と言われました。(笑)
 
そんなギャグのような誕生会です。

Related Articles:

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。

A8ネット