「世界仰天ニュース」100億円奪った天才ハッカー「アイスマン」の手口

「世界仰天ニュース」で天才ハッカー

「アイスマン」の特集をしていました。

 



ネットビジネスに関わる者としては

とても興味深く怖い世界でした。
防犯の為にも知っておいて損は無い世界なので紹介したいと思います。

 

 
アイスマンは2007年に逮捕されており

本名はマックス・バトラー。
13年の禁固刑に処せられています。

 



国家政府のシステムにもハッキング

100億以上も稼いだ闇の帝王として名を轟かせた。

 



アイスマンは元々ゲーム会社のプログラムアドバイザー

をしており他会社のプログラムを盗み見する事はあったが

それを利用して金儲けはしていなかった。

 



しかし自分は天才であり、侵入できないシステムは無いと自負していた。

 

 
ハッキングが難しいと聞けば心が踊る
そんな負けず嫌いでプライドの高い男だった。
ハッカーのNO'1は自分だと信じて疑わなかった。

 

 
しかし当然のようにFBIに目をつけられてしまう。

 

 
これで逮捕されると思いきや

FBIは「我々に強力するように」と話を持ちかけてきたのだった。

 

 
マックス・バトラーを引き入れ

サイバー犯罪者やネットテロリストの検挙がFBIの目的だったのだ。

 



マックス・バトラーはFBIに認められたと喜び手を貸す

 

 
そしてFBIに協力していく事で

マックス・バトラー自身

サイバー犯罪の手口を知って行くことになる。

 



企業のネットワークに侵入し防犯カメラを自在に操る
警察のシステムに侵入し運転免許の違法履歴を消去する事も可能に
銀行のシステムに侵入し口座残高を変更するなど
インターネットで繋がっている限り何でもできると知り
全てが金になる事を知ってしまった。

 

 
やがてどの犯罪も自分には簡単にできると分かった。

 

 
ある日FBIに連れられ

ハッカーが集まり意見交換する場を訪れた。

 

FBIが目を付けている人物を紹介される中で

クレジットカードの情報を盗み闇サイトで売る

という手口を知ってしまった。

 

偽造クレジットカードを作る一団が情報を買うのだという。

 



カードの情報を得た犯罪集団は

情報を偽造カードに組み込んだクレジットカードで

買い物をし、その商品を売買して利益を得ていた。

 

 
自分も簡単に出来る技術で

裏社会では大金を稼いでいる奴らがいる
マックス・バトラーは表の世界で

名誉の為に働く自分が馬鹿らしく思えた。


その頃からマックス・バトラーは

自分の技術を悪用し始める。

 



ブランドショップなどの高級店の前に車を停め

客がカードで精算する瞬間を狙う。

 



センターに送信される電波を受信し

パソコンでカード情報を横取りするのだ。

 



飛び交う電波からカード情報を盗むことは

マックス・バトラーにとっては簡単な事だった。

 



それを闇サイトで売買すると面白いように売れた。

 



表の顔はFBIに協力し

裏の顔では他人のカード情報を盗む

サイバー犯罪に手を染めていった。

 



やがて見晴らしいの良いホテルの一室を借り

大型の受信用アンテナを設置
町中に飛び交うクレジットカードの情報を

根こそぎ盗んでいった。

 



カード情報を売るより

偽造クレジットカードを売った方が

金になると知ったマックス・バトラーは
偽造クレジットカードを作る技術のある者と

手を組み事業を起こす。

 



マックス・バトラーは「アイスマン」と名乗り

闇サイトを運営し飛躍的に売り上げを伸ばして行った。

 



自分のサイトより売り上げを伸ばしている

大手5社をその天才的なハッキング技術で潰し
顧客を全て自分のサイトに誘導し

さらに大儲けする事に成功した。

 



しかしFBIも黙っていなかった。

アイスマンの割り出しに必死で動く。

 

顧客としてスパイを送るが

アイスマンは尻尾を掴ませない。

 



そんな攻防が続き

 



アイスマンの相棒で偽造カード作りを担当していた

クリスはそろそろ潮時だと思っていた。

 



クリスはアイスマンの元を去り

アイスマンは更に事業を拡大させようと

クリスの代わりになる人物を探すことに。

 



該当した人物はアイスマンが潰した闇サイトの運営者
その運営者はアイスマンの提案に快く応じたのだが、
 
実はアイスマンに接触する前に

FBIと既に手を結んでいたのだった。

 



こうしてFBIはアイスマンの正体を突き止める事に成功、逮捕

その攻防は5年を費やしていた。

 



アイスマンが奪った金100億円以上。

 



懲役13年の刑に処せられた。

 

 
◆━┳━━━━━━

┃☆┃編集後記

 

┗━┻━━━━━━



いや~

 

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグの時も思ったのですが、
世の中にはとんでもない天才がいるもんです。



(ーー;)

 



もっと人の為になるよう技術を活かせば

捕まらず大金は稼げたでしょうにね。

 



こういう人ってどっか人格が破綻しているんでしょう。

 



何事も程々がいいですね。
 

 

現在では財布に入ったままのカード情報を

吸い取る機械もあり、15センチ程の距離から盗まれてしまうそうです。

 



満員電車などで気をつける必要がありますね。

キャンセラー防止のケースもあるようですので

防犯意識を高めましょう。

 



あと犯行を気づかせない為に

180円とかの小額を数万人から奪い取るそうです。

 



それをやられちゃうと気がつかないですよね。

 

 
犯罪もデジタル化され巧妙になって行きます。

 

 
怖いです。

 

 
最後までお読み下さりありがとうございます。m(_ _)m

Related Articles:

«  「世界仰天ニュース」100億円奪った天才ハッカー「アイスマン」の手口  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。

A8ネット