貴志祐介「悪の教典上下巻」


僕の最も好きな作家

貴志祐介の書籍を
またまた購入(´∀`)

8月に辞書のように分厚い
「ダークゾーン」を購入し

今度は
「悪の教典上下巻」です。
(11月映画公開)

この本あまり評価は高くないのですが
この人の評価★3は他の作家の★4に値します。
(と僕は思っています)

だから面白いんです。
( ̄^ ̄)

これで貴志祐介で
買っていないのは
あと2冊になってしまった。

その2冊は
「鍵の掛かった部屋」
「狐火の家 」

なんですが、

この2冊は

嵐の大野くん主演ドラマ
「鍵の掛かった部屋」
で内容を知ってしまった為
しばらく買う気にならないので

貴志祐介は
コンプリートと同じですね。

貴志祐介ベスト5は
こんな感じ

1:クリムゾンの迷宮
(最強に怖い)
2:青の炎
(嵐・二宮主演で映画化。切ない)
3:新世界より
(今秋アニメ化、貴志祐介集大成)
4:黒い家
(最強の次に怖い)
5:天使の囀り
(最強の次の次に怖い)

みなさんも是非読んでみてみて下さい。
(´∀`)

貴志祐介↓
http://goo.gl/uxwT7

Related Articles:

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。

A8ネット